クリニックブログ

2018.12.10更新

こんにちは。理学療法士の後藤です。

12月に入り、徐々に最低気温が下がってきています。

寒さが身に染みますね。朝、布団から出てくるのが辛くなってきました。 

頸椎に対するリハビリテーションの知識と技術をブラッシュアップをするために研修会に参加してきましたのでご報告します。
去年から引き続き、日本身体機能研究会が主催する運動療法セミナー、頚椎(理論編)に参加しました。
今年は私を含め、当クリニックに勤務する理学療法士3名が参加しました。

内容としては頸椎の構造・機能、頸椎疾患(頸椎椎間板症、頸椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)に関する評価と理学療法について学びました。今回は座学でしたが、引き続き1月に技術編が開催されるので2名の理学療法士が参加予定です。 

当クリニックには頚部の痛みや上肢の痺れを感じて来院される方が多くいらっしゃいます。

来院された方の痛みや痺れが理学療法にて軽減や消失できるよう今後も継続して研修会に参加していきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.11.21更新

こんにちは、理学療法士の荒井です。
先日、第3回目の体幹引き締め教室が開催されました。8名の方に参加いただき、ありがとうございました。

1回目、2回目と同様、座学と実技を理学療法士から皆様へお伝えしました。座学では浅層筋と深層筋の種類や、体幹筋の機能について熱心に資料に目を通して頂きました。1

 その後、座学に基づいてストレッチや筋力トレーニングを実際に体験していただきました。普段何気なく行なっている運動でも、少し意識を変えることで身体の使い方や呼吸法など随分変わるようでした。膝や腰など痛みのある方には負担のかからない別法を試していただき、無理のないトレーニングをしていただけるようお伝えしました。

 2

 

 初めは緊張している方も見受けられましたが、スタッフを交えて実技をしているうちに打ち解けて最後には笑顔も見られました。参加者同士でコミュニーケーションをとれることも、こうした市民講座のメリットだと思います。

3

患者さまの中には運動したいけど痛みがある、やり方がわからない、といった声も時々聞かれます。健康に対する意識が高い方が多いので、今後も的確なアドバイスができるよう努めてまいります。
次回は2019年1月の開催になります。テーマなど詳細は別途お知らせいたしますので、よろしくお願い致します。

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.11.01更新


こんにちは。

トレーナーの脇田です。

11月に入り少しずつ冬の気配を感じ始める頃ですが、皆さん体調など崩していませんか? 


昼夜の寒暖差が大きくなる時期でもあり、一年の中で最も体調を崩しやすい時期とされています。その為、立冬は十分な休息と栄養を取り冬を乗り越える為の準備をする期間とも言われています。 

体を温める食材として、

生姜、唐辛子、かぶ、かぼちゃ、ネギ、牛肉、ごぼうなどの食材を取り入れ栄養補給をし冬に備えてしっかりと体の準備をするのもいいですよね。 

更に冷えの対策として手軽に行えるツボ押しも効果的と言われています。

今回は簡単に2つのツボをご紹介しますね。 

ツボを押す強さは親指の腹で気持ちいいと感じる強さで試してみてください。

ツボを押す時間は、1回につき3~5秒を目安にして、これを5~10回繰り返す、というのが基本的な目安です。 


【気海(きかい)】

位置: へそから指2本分下 

効果: 全身の冷え

w1 

【太谿(たいけい)】

位置: 内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみ

効果: 足、腰の冷え

w2

本格的に冬が到来する前に体調管理をしっかり備えていきましょうね。

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.10.31更新

もしタイヤがパンクしたら車にはどういう影響が起きるかイメージするとわかりやすいと思います。車はなかなか前には進まず、なおかつ激しい揺れが伴いますよね?その揺れが車の他の部品の破損につながったりします。
人間も同じく、良い足を作ることができるだけで膝、腰などの痛みの軽減につながることがあります。

今回は自分でできる足のコンディショニング方法を紹介します!
1、外果挙上

足の外果と呼ばれる外くるぶしの部分を上に引き上げます。

特に膝に痛みがある方には効果があることが多いです。

写真のように親指を外果に引っ掛けて上に引き上げます。

1

 

 2、内側楔状骨挙上

内側楔状骨(ないそくけつじょうこつ)と呼ばれる骨を上に引き上げる方法です。
内側楔状骨の目安は内くるぶしから指二本分前にある骨です。
偏平足、外反拇趾の方に効果があることが多いです。
偏平足の方だとこの部分を上にあげると痛みを伴うことがあります。
写真のように親指で内側楔状骨を掴んで、足の裏から回して引き上げるように力を入れます。

2日

 

※強く痛みが伴う場合には無理せずできる範囲で行ってください_
涼しくなってきて外が気持良いこの時期に良い足にコンディショニングして快適にお出掛けしましょう!!

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.10.31更新

こんにちは
理学療法士の中田です

皆さんは足の機能と聞くとどういうイメージがありますか?

人間の身体には骨が206個あり、そのうち1対で56個、身体全体の約1/4が足に集中しているのです。それほど沢山の骨が足には存在します。骨がたくさん存在するという事はそれほど複雑な動きを伴うという事です。

1

 

足の骨の配置の乱れや足に付着する筋力の低下は身体に様々な影響を身体に与えることがあります。

人間の足は例えるなら車のタイヤ

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.10.26更新

こんにちは。理学療法士の後藤です。
10月20日(土曜日)に当院リハビリテーション室にて体幹引き締め教室を行いました。
当日は天気も良く、ご予約いただいた8名の方がキャンセルなく参加していただきました。
ありがとうございました。

前回から引き続き、座学では体幹の機能と構造の説明をさせていただきました。
実技では体幹、骨盤に付着する筋に対するストレッチとインナーマッスルの筋力トレーニングを実際に行いました。

1

ストレッチでは主に骨盤の前面に付着する筋肉の腸腰筋、大腿四頭筋のストレッチをおこないました。
人の体は骨盤の上に腰椎が位置しており、骨盤に付着する筋肉の長さや硬さによって腰椎の位置が悪くなり、ポッコリお腹の原因や腰部脊柱管狭窄症の原因となる可能性があります。
筋力トレーニングでは体幹深部筋である腹横筋、多裂筋のトレーニングをおこないました。

2

3
腹横筋や多裂筋の意識した筋トレは世間ではあまり知られていない印象を受けます。体幹のインナーマッスルを強化することで体幹の固定性が増加します。こちらも腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の予防に繋がります。

4

今回開催された体幹引き締め教室は11月17日(土曜日)に同じ内容で開催予定となっておりますが、すでに満員となっております。
大変申し訳ございません。

当院では引き続き、近隣にお住いの方々が気軽に参加して頂ける健康教室・障害予防教室を随時開催していきます。
ホームページのブログや院内掲示で随時ご案内します。
ご参加の程、よろしくお願い致します。

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.09.26更新

パワープレート更に一台導入しました!

こんにちは。
トレーナーの岩下です。

9月がそろそろ終わろうとしています。
長雨が続いておりますが、私はパワープレートやセルフストレッチをおこない、じめじめした気候に負けないように工夫しています。

今月より、新たに二台目のパワープレートを導入致しました。
(パワープレートを使ってパーソナルトレーニングを行います。)
※詳しくはパーソナルトレーニングのHPを御覧下さい。

パワープレートとは、1秒間に30回以上という3次元の高速振動で、身体に加速度を与えることができるという専用の機器を使用するトレーニングです。
パワープレートの効果
・バランス能力の向上
・血流の増進
・姿勢の改善とコアコントロール
・短時間で効率よく筋トレができる                                                                                                    ・筋肉の緊張緩和

12


ご利用お待ちしております。

パーソナルトレーナー 岩下 脇田

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.09.25更新


こんにちは。理学療法士の飯島です。

少し涼しくなってきて過ごしやすくなりましたね。

9月15日に体幹引き締め教室を行いました。

天候が悪い中6名の方が参加されました。ありがとうございました。

1

21X

ストレッチや筋トレをしている最中に腰や膝が痛む場合は無理して行わないようにしましょう。 

ここで本日行なった内容を一部お伝えします。

お腹回りの筋肉にはインナーマッスルアウターマッスルという筋肉があります。お腹回りを引き締めるには体幹深部筋と言われるインナーマッスルを鍛えることが重要です。

他にもインナーマッスルを鍛えることによって姿勢が良くなったり、腰や膝の痛みの予防にもなります。良い事が多いので、是非鍛えていきましょう。

 3

5

 10月の報告の際は実技で行なったストレッチの紹介をします。是非ご覧になってください。 

10月、11月の予約も満員となりました。まだキャンセル待ちは受け付けています。

申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.09.18更新


こんにちは!

理学療法士の石田です。

 今年の夏は酷暑が続きました。最近は涼しい日も増えてきましたが、まだまだ日中暑くて外に出たくない日もありますし、曇りや雨の日も多く、不安定な天候となっています。

こういった天候だと体調も不安定になりやすいという話しを良く耳にします。

季節の変わり目の体調不良の原因として、自律神経の乱れが関係していると言われます。

この自律神経は、体温や発汗の調整、呼吸、循環、代謝などをコントロールしています。

寒暖差や気圧の変化が大きくなることで、体温や発汗を頻繁に調整しなければならなくなるため、神経のバランスが崩れやすくなると言われています。このバランスの崩れが、結果として、様々な不調を起こす原因となります。

また、これ以外にも、正常な自律神経の働きを阻害し得る要素がいくつかあります。そのうちの一つに、背骨の動きの固さや、腰、背中の張りが挙げられます。

中々体調が戻らない方は、背骨を大きく曲げ伸ばししたり、上半身をねじるようなストレッチを行うと、少しスッキリする感覚があるかもしれません。(※医師に運動を禁止されている場合、強い痛みを感じた場合は行わないで下さい。)

運動の秋、食欲の秋ですので、元気に過ごせるよう体調管理に気をつけましょう!

 

 

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.09.07更新

体幹引き締め教室予約状況のお知らせ

簡単!『体幹』引き締め教室の予約状況をお知らせします。

日程は9月15日(土)、10月20日(土)、11月17日(土)に、当クリニックのリハビリテーション室にて行います。


大変ご好評をいただき、9月開催分は定員となり締め切らせていただきました


•キャンセル待ちの空きはまだございます。

 

今回、予約できなかった方は、

10月20日(土)あと2名

11月17日(土)あと6名

空きがございます。

最近、お腹周りの脂肪が気になる方、

ご興味のある方は、是非そちらの方でのご参加をお待ちしております。


よろしくお願い致します。

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩みでしたら、高見澤整形外科クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_04.png
  • 24時間受け付けております 診療予約はこちら