クリニックブログ

2018.11.21更新

こんにちは、理学療法士の荒井です。
先日、第3回目の体幹引き締め教室が開催されました。8名の方に参加いただき、ありがとうございました。

1回目、2回目と同様、座学と実技を理学療法士から皆様へお伝えしました。座学では浅層筋と深層筋の種類や、体幹筋の機能について熱心に資料に目を通して頂きました。1

 その後、座学に基づいてストレッチや筋力トレーニングを実際に体験していただきました。普段何気なく行なっている運動でも、少し意識を変えることで身体の使い方や呼吸法など随分変わるようでした。膝や腰など痛みのある方には負担のかからない別法を試していただき、無理のないトレーニングをしていただけるようお伝えしました。

 2

 

 初めは緊張している方も見受けられましたが、スタッフを交えて実技をしているうちに打ち解けて最後には笑顔も見られました。参加者同士でコミュニーケーションをとれることも、こうした市民講座のメリットだと思います。

3

患者さまの中には運動したいけど痛みがある、やり方がわからない、といった声も時々聞かれます。健康に対する意識が高い方が多いので、今後も的確なアドバイスができるよう努めてまいります。
次回は2019年1月の開催になります。テーマなど詳細は別途お知らせいたしますので、よろしくお願い致します。

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2018.11.01更新


こんにちは。

トレーナーの脇田です。

11月に入り少しずつ冬の気配を感じ始める頃ですが、皆さん体調など崩していませんか? 


昼夜の寒暖差が大きくなる時期でもあり、一年の中で最も体調を崩しやすい時期とされています。その為、立冬は十分な休息と栄養を取り冬を乗り越える為の準備をする期間とも言われています。 

体を温める食材として、

生姜、唐辛子、かぶ、かぼちゃ、ネギ、牛肉、ごぼうなどの食材を取り入れ栄養補給をし冬に備えてしっかりと体の準備をするのもいいですよね。 

更に冷えの対策として手軽に行えるツボ押しも効果的と言われています。

今回は簡単に2つのツボをご紹介しますね。 

ツボを押す強さは親指の腹で気持ちいいと感じる強さで試してみてください。

ツボを押す時間は、1回につき3~5秒を目安にして、これを5~10回繰り返す、というのが基本的な目安です。 


【気海(きかい)】

位置: へそから指2本分下 

効果: 全身の冷え

w1 

【太谿(たいけい)】

位置: 内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみ

効果: 足、腰の冷え

w2

本格的に冬が到来する前に体調管理をしっかり備えていきましょうね。

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩みでしたら、高見澤整形外科クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_04.png
  • 24時間受け付けております 診療予約はこちら