クリニックブログ

2020.08.03更新

こんにちは。理学療法士の飯島です。

8月22日と9月12日に『肩こり体操教室』が予定されていましたが新型コロナウィルスの感染状況から、今回は中止とさせていただきたいと思います。

参加予定だった方は大変申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

今後の地域向け講習会につきましては、新型コロナウィルスが落ち着いた頃にまた企画したいと考えています。

早く落ち着いて欲しいですね。

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.07.08更新

こんにちは。理学療法士の飯島です。

本日は7月18日(土)に開催予定だった『肩こり体操教室』中止のご案内をさせていただきます。
東京都ではこの1週間、毎日新型コロナウィルスの新規患者が100名を超えています。新型コロナウィルスの感染リスク等を院内で話し合った結果、7月18日(土)の教室は中止とさせていただきます。参加予定だった方は大変申し訳ございませんが、ご理解いただきたく存じます。


代わりに開催月を1か月遅らせて、8月22日(土)9月12日(土)に開催致します。
ともにまだ空きはあるので、興味のある方は是非ご参加ください。
※新型コロナウィルスの影響で中止とさせていただく可能性もあります。ご了承ください。

 

 

肩こり体操教室

『内容』 肩こりについて(座学)、首や肩周辺の体操・ストレッチ(実技)

      ※軽めの運動強度で行います

『日時』 8月22日(土)、9月12日(土)  13:30~14:30

『料金』 1000円

『人数』 4人

『持ち物』 ハンドタオル

『服装』 動きやすい服装 ※マスクの着用と、体操前後の手指消毒をお願いします。

『予約方法』 事前予約が必要です。お電話か、来院時に受付で承ります。

 

新型コロナウィルスの感染リスク対策として、以下を行います。

➀入口ドアと室内窓の開放、換気

②参加者への体調確認と検温

③使用ベッドの消毒

④通常より人数を減らして、間隔を空ける

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.07.02更新

皆さん、こんにちは。
トレーナーの脇田です。

あっという間に7月になってしまいましたね。
今年は良い季節に外に出られなかったり、計画していた旅行がキャンセルになったりと残念な気持ちになった方も多いと思います。

"STAY HOME"が共通言語の1つになった中で、運動不足を感じられてる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、運動と組み合わせる事で、ワンランクUPの健康美を手にいれられる、かつスーパーで簡単に購入できる食材を紹介します。

皆さん、『ファイトケミカル』という言葉を知っていますか?
一言で言うと食物が持つ免疫力です。 

この成分は、私達の体を"サビ''から守ってくれます。

サビの原因となる活性酸素は、あらゆる細胞機能を衰えさせると共に、病気や感染症、アレルギーの発症などのリスクを増殖させます。

そこで、活性酸素と戦ってくれる食材がファイトケミカルなんです。

ファイトケミカルを多く持つと言われる食材ばズバリこれです!↓↓

ブロッコリー
効果:スルフォラファンというと物質が肝臓のデトックスを高め、がん予防、アレルギーを抑える

しそ、セロリ、春菊、にんじん
効果:ルテオリンという物質が、免疫力UP、記憶力UP、脳の炎症を抑える

キャベツ
効果:ケンペロールという物質が抗炎症、アレルギーを抑える

なす、ブルーベリー、ぶどう、いちご
効果:アントシアニンという物質が動脈硬化、抗コレステロール、脂肪減少

トマト、スイカ
効果:リコピンという物質が悪玉コレステロール抑制、美肌美白、代謝促進

スーパーで購入できる食材ばかりなので少し意識して毎日の食事にプラスしてみてはいかがでしょうか?

そして、適度な運動を組み合わせる事で腸の活性化を促し、より食材の吸収率を高めます。

是非この機会にファイトケミカル食材を取り、適度な運動をし、ワンランクUPの健康美を目指しましょう。

そして、適度な運動のお手伝いは脇田がしますのでお任せくださいね!

次回皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.06.19更新

こんにちは。本日は地域向け講習会の御案内を致します。

 

 肩こり体操教室

『内容』 肩こりについて(座学)、首や肩周辺の体操・ストレッチ(実技)

      ※軽めの運動強度で行います

『日時』 7月18日(土)、8月22日(土)  13:30~14:30

『料金』 1000円

『人数』 4人

『持ち物』 ハンドタオル

『服装』 動きやすい服装 ※マスクの着用と、体操前後の手指消毒をお願いします。

『予約方法』 事前予約が必要です。6月26日(金)より受付を開始します。お電話か、来院時に受付で承ります。

 

新型コロナウィルスの感染リスク対策として、以下を行います。

➀入口ドアと室内窓の開放、換気

②参加者への体調確認と検温

③使用ベッドの消毒

④通常より人数を減らして、間隔を空ける

※新型コロナウィルスの状況により、開催されない場合もございます。ご了承ください。

 

案内は以上です。是非ご参加ください。よろしくお願い致します。

 

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.06.15更新

作業療法士の西野です。

今回は女性にとても多い鉄欠乏性貧血についてお話ししたいと思います。

鉄欠乏性貧血の症状としては、朝起きるのが辛い、顔色が白い、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ、胸の苦しさ、疲れやすさ、倦怠感、頭痛、肩こり、吐気、耳鳴り、いらつき、下肢のむくみ、食欲低下などもあります。
貧血の程度が酷い場合、転びやすくなる、冷え性、眠気、肌がカサカサ、抜け毛、爪がもろくなる、匙状爪と言って爪がスプーンのように反り返る、不妊、味覚障害、氷食症(異様に氷などの硬いものを食べたくなる)などの症状も出てきます。

想像以上に多彩な症状があると思いませんか?私はなんと16個も当てはまります。実は私も鉄欠乏性貧血です。
子供の頃から低血圧症状(めまいなど)、頭痛、肩こりもありました。10年くらい前から動悸、息切れ、胸の苦しさが出てきて、心臓の不調を疑い運動負荷心電図検査もしましたが問題はありませんでした。2年前に手足の急激な痺れ、口の周りの痺れで救急車を呼び、そこで過呼吸と言われました。後日、かかりつけの内科医に過呼吸になったことを相談すると、鉄欠乏性貧血は過呼吸になりやすいと説明され、細かい血液検査をしてみて鉄欠乏性貧血と診断されました。様々な症状が実は鉄欠乏性貧血の症状だったことがようやく、ようやく、判明しました。ここまでの道のりは長かったです。

もちろん鉄欠乏性貧血でなく、心疾患や他の疾患の可能性があります。様々な検査をしても問題がない場合は、女性なら鉄欠乏性貧血を疑ってみてもいいのではないでしょうか?
血液検査で赤血球の数・大きさ、ヘモグロビン、網状赤血球(比較的未熟な赤血球)、血清中の鉄(血清鉄)、総鉄結合能(TIBC)、体内に貯蔵されている鉄の量を反映するフェリチンなどの測定を行ない、診断をします。
鉄剤の内服もありますが、吐き気や下痢、便秘などの副作用が現れることもあります。
食事療法では、鉄を多く含む食事(レバー、カツオ、ほうれん草など)を摂取する事が大切です。また、鉄分とともにたんぱく質、ビタミンB6、ビタミンB12や、鉄の吸収を良くするビタミンCもバランスよく摂取しなくてはなりません。毎日バランスの良い食事は難しいものがありますよね。当クリニックでは栄養解析やサプリメントの購入もできます!

ぜひ皆さん一緒に健康になりませんか?お待ちしています!


〈なぜなぜメモ〉
血液の中で酸素を運ぶ役割を担っているのが赤血球の中のヘモグロビンです。鉄欠乏性貧血では、酸素を運ぶヘモグロビンが少ないので、酸素をたくさん運ぼうと心臓や肺が一生懸命に働くため、動悸や息切れ、酸素不足による疲れやすさ、頭重感、重い場合は過呼吸などの症状も起きてきます。また、鉄はコラーゲンの生合成や、筋収縮に関与しており、不足すると筋線維がかたくなり、肩こり、腰痛、足底筋膜炎などの原因となることがあるのです。

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.06.01更新

皆様,こんにちは院長の高見澤です。

非常事態宣言が解除され、あれだけ品薄であったマスクや消毒用品が少しずつ販売されるようになってきました。 販売されているマスクをよく見ると,箱に不織布マスクと書いてあるのを目にします。恥ずかしながら,不織布って何て読むのかなぁ。ふしきふ、ふおりぬの?皆さん,ご存知ですか。
ふしょくふ と読むそうです。不織布とは、糸を織るのではなく繊維を合成樹脂などの接着剤でくっつけて、布状にしたもののこと。弾力性・通気性に優れていて紙よりも破れにくいため、キッチンアイテムや収納用品、洋服の芯地などに幅広く使われているようです。意外と読めている?ようで間違っていました。
非常事態宣言が解除されましたが、第2波による感染再燃が心配されます。当クリニックでは,従業員に,フェイスシールドやメガネ,マスクの着用を義務付け,感染予防に努めています。また,来院される皆様方におかれましては,受付において非接触性検温器で、全員の方の体温を測定しております。 37.5度以上の発熱や咳が出たり感冒症状のある方、マスクを着用されて来られない方(暑くなってきましたので、持参していただきクリニック内では必ず着用を),手指のアルコール消毒にご協力頂けない方,以前にコロナ感染者と接触のあった方は,受診をお断りする場合がございます。非常事態宣言解除後は,今より密になる事が予想され,どなたがウイルスを保有しているか分かりません。部屋の換気,アルコール消毒など感染予防に今後も努めてまいりますが、感染しない,させないためにも、引き続き皆様のご協力の程,宜しくお願い申し上げます。 

1

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.05.20更新

こんにちは。
理学療法士の田内です。

いきなりですが、昨年からサウナブームが、徐々に日本に来ていたことに皆さんはお気づきだったでしょうか?
各種メディアに取り上げられたり、サウナを題材にした漫画「サ道」がドラマ化されたりと、実は過去最高にサウナ業界は盛り上がっていたんです!

サウナ入浴の効能として

・集中力・発想力の向上
・肩こり・腰痛の緩和
・睡眠の質の向上
・美肌効果

などが言われています。
また、豆知識としてサウナ発祥の地フィンランドではサウナは肉体だけでなく精神も浄化される神聖な場所とされているそうです。そのため日本のようにサウナの中にテレビがあるなんてことはなく、現地の方々は日本のサウナをみると驚かれるそうです。

しかし、新型コロナウイルスの流行に伴い、大好きだったサウナ入浴が制限されてしまい、現在とてもつらい日々を送っています。週6で通い、もはや生活の一部となっていたので、いち早く元の生活に戻るように願うばかりです。

ただ、嘆いてばかりいるのも良くないと思い、ステイホーム中でもサウナに関われないかと考えていたところ、「サウナ・スパ健康アドバイザー」という資格があり、これはいい機会だと思って、現在資格取得に向けて勉強中です!
今は、自宅にいる時間が増え、新しいことに挑戦したり、学んだりする絶好のチャンスだと思います。もう少しの間ステイホームで頑張っていきましょう!

コロナが鎮静化し、またブログを書く機会がある際にはサウナの豆知識や、医学的な観点から見たサウナの効果、実際に訪れたおすすめの施設などを紹介出来たらと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.05.08更新

皆様、こんにちは。院長の髙見澤です。

新型コロナウイルス感染対策のため、各店舗のレジには、飛沫防止のため、天井から透明カーテンをつるしたり、

スタンドを立て、そこに透明カーテンを垂らしたり、アクリル透明板を置いたりと様々な対策を講じているのを目にします。

当院でも、色々検討していました。カーテンを吊るすには、天井にフックをかけなくてはならず、天井抜けや、落下の危険性、また、テープで張り付けるにしても、傷がついたり、剥がれたりしてあまりよくないし、アクリル板による対面スクリーンも需要があるため、価格も高騰しており、当院の比較的受付の広い台の上に置くにしても、かなりのコストもかかるなあ、と思っておりました。

1234

とあるホームセンターに行きましたら、アクリル板が販売されており、そこのホームセンターのレジに、手作りのアクリル板飛沫防止対面スクリーンが置かれていて、これを参考に自分で作ってみようと思いつき、ねじや、留め具、土台となる木片、また、アクリル板にドリルで穴をあける時、割れてしまうこともあるため、ドリル先につけるアクリル専用ビットと、ドリルでアクリル板に穴をあける時に下に敷く、捨て木たるものも購入し、妻や子供達に手伝ってもらいながら3台作成しました。

5

 

非常事態宣言が延長され、まだまだ感染しないように油断は禁物です。誰しもが、ウイルスを保有し得るとお考え下さい。

当クリニックでも様々な感染対策を行いながら診療を行っております。

来院される際には、マスク着用、手洗い、アルコールによる手指の消毒にご協力の程、引き続きよろしくお願い致します。

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.04.22更新

 

こんにちは。リハビリテーション科の後藤です。

引き続き、新型コロナウィルスが流行しております。

私個人としては手洗いを積極的におこない、感染予防に努めています。

 

クリニック内ではリハビリ室も含め、以下の感染予防対策を実施しております。

 

◯診療開始前のスタッフ全員の検温と体調確認、マスク着用、手洗い励行

◯30分に1回のリハビリ室内換気(1回、15分程度の換気)、待合室入り口ドア全開、各部屋換気

◯午前、午後診療終了後のリハビリ機器、各室内消毒、待合室椅子、カウンターの消毒清拭

◯低周波治療器の使用中止(密集、密着回避) 

*低周波治療をされている方には、ご迷惑をお掛け致します。

◯診察、理学療法実施後、毎回の診療治療ベッドの消毒清拭

◯物理療法実施後、毎回の機器の消毒

◯スタッフ(理学療法士・作業療法士・医療事務・看護師スタッフ)の出勤日数の調整

(室内密接、密集、密着回避)

をおこなっています。

 

当院では、新型コロナウイルスの感染リスクを減らす対策を積極的におこなっています。

来院される際にはマスクの着用、クリニック内での手指のアルコール消毒をお願い致します。

ご自身のマスクをお持ちになられない方には簡易的ガーゼペーパーマスクを御渡しいたします。

待合室や、リハビリ室は、換気する影響で寒くなると思われますので御留意ください。

新型コロナウイルス感染対策にご協力の程、今後ともよろしくお願い致します。

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

2020.03.18更新

こんにちは!
理学療法士の石田です!

新型コロナウイルスが世界中に広がり、感染者の数が増える一方です。
少しでも早く鎮静化し、以前の生活が送れるようになる事を祈るばかりです。

あらゆるイベントが中止や延期となり、趣味活動や外出を自粛されている方が私の周りでも多くいらっしゃいます。
しかし、何でもかんでも自粛してしまうとストレスが溜まるばかりで、自分の身体にも、社会経済にも良いことはありません。
感染リスクの高い事柄を理解すれば、できることは色々あるはずです。

政府による感染症対策の専門家会議にて、感染ケースの共通点として、以下の条件が挙げられたようです。

①換気の悪い密閉空間
②人が密集していた
③近距離での会話や発声が行われた

という3つの条件が同時に重なった場合です。

この条件に乗っ取って考えたら、今している自粛は不必要かもしれません。
あれもできないこれもできない、ではなく、『できる事』を探していきましょう!

 


もう一つ!!


皆さんに気を付けて頂きたいことがあります!
それは、新型コロナウイルスが鎮静化した後、


『控えていた運動を再開する時の運動強度』


です!

趣味のスポーツや部活を久しぶりに出来る嬉しさでテンションが上がり、以前と同じ感覚で動いてしまうと、体がついてきてくれない可能性があります。そしてそれは、ケガのリスクを高めます

運動を再開する際は、ウォーミングアップをしっかりし、日数をかけて元の運動強度に戻して下さい!

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩みでしたら、高見澤整形外科クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_04.png
  • 24時間受け付けております 診療予約はこちら