クリニックブログ

2021.04.01更新

皆さんこんにちは。
トレーナーの脇田です。

今年も桜の季節になりましたが皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

去年一年を振替り、コロナ渦の中、私自身にとって学びの年になったと感じています。
やはり、一番大切だなと感じた事は『健康』ということ。
今回のテーマは、どうしたら健康を維持できるのか?
免疫力、生活習慣病、認知症の対策に役立つ【新常識】についてお話ししたいと思います。

『腸活』という言葉を聞いた事はありますか?
今や健康を語る上では『腸』は欠かせないと言われています。
太りやすさや、糖尿病などの生活習慣病、認知症との関連を示唆する研究はもとより、新型コロナ感染病の重症化にも腸内細菌が関与するという報告もあります。
では、『腸』をいい状態にするにはどうすればよいか?
その最たるは、『食物繊維』をしっかり取ること。
色んな調査でも食物繊維の摂取量が少ない人はとほど、ガン発病率リスクや、死亡リスクが高いことがわかってきています。
特に発酵性の食物繊維をたくさん取ることです。

【発酵性食物繊維を多く含む食材】
・全粒穀物(大麦、オーツ麦、ライ麦など)
・根菜、芋類(さつまいも、玉ねぎ、蓮根など)
・豆類(インゲン、大豆、グリーンピースなど)

オススメは上の食材を使った『腸活みそ汁』

日本人にはなじみのある発酵食『味噌』。
味噌には乳酸菌や麹菌がたっぷりです。

菌体は食物繊維同様に善玉菌のエサになり、更に腸を健康にしてくれます。
その味噌と腸にいい食材を組み合わせた味噌汁。最強の腸活メニューですよね?!

発酵性食物繊維を取って体の中から若返り、季節の変わりめや、新型コロナウイルスに負けないカラダづくりをしていきましょう!

 

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩みでしたら、高見澤整形外科クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_04.png
  • 24時間受け付けております 診療予約はこちら