クリニックブログ

2018.10.31更新

もしタイヤがパンクしたら車にはどういう影響が起きるかイメージするとわかりやすいと思います。車はなかなか前には進まず、なおかつ激しい揺れが伴いますよね?その揺れが車の他の部品の破損につながったりします。
人間も同じく、良い足を作ることができるだけで膝、腰などの痛みの軽減につながることがあります。

今回は自分でできる足のコンディショニング方法を紹介します!
1、外果挙上

足の外果と呼ばれる外くるぶしの部分を上に引き上げます。

特に膝に痛みがある方には効果があることが多いです。

写真のように親指を外果に引っ掛けて上に引き上げます。

1

 

 2、内側楔状骨挙上

内側楔状骨(ないそくけつじょうこつ)と呼ばれる骨を上に引き上げる方法です。
内側楔状骨の目安は内くるぶしから指二本分前にある骨です。
偏平足、外反拇趾の方に効果があることが多いです。
偏平足の方だとこの部分を上にあげると痛みを伴うことがあります。
写真のように親指で内側楔状骨を掴んで、足の裏から回して引き上げるように力を入れます。

2日

 

※強く痛みが伴う場合には無理せずできる範囲で行ってください_
涼しくなってきて外が気持良いこの時期に良い足にコンディショニングして快適にお出掛けしましょう!!

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩みでしたら、高見澤整形外科クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_04.png
  • 24時間受け付けております 診療予約はこちら