クリニックブログ

2018.09.18更新


こんにちは!

理学療法士の石田です。

 今年の夏は酷暑が続きました。最近は涼しい日も増えてきましたが、まだまだ日中暑くて外に出たくない日もありますし、曇りや雨の日も多く、不安定な天候となっています。

こういった天候だと体調も不安定になりやすいという話しを良く耳にします。

季節の変わり目の体調不良の原因として、自律神経の乱れが関係していると言われます。

この自律神経は、体温や発汗の調整、呼吸、循環、代謝などをコントロールしています。

寒暖差や気圧の変化が大きくなることで、体温や発汗を頻繁に調整しなければならなくなるため、神経のバランスが崩れやすくなると言われています。このバランスの崩れが、結果として、様々な不調を起こす原因となります。

また、これ以外にも、正常な自律神経の働きを阻害し得る要素がいくつかあります。そのうちの一つに、背骨の動きの固さや、腰、背中の張りが挙げられます。

中々体調が戻らない方は、背骨を大きく曲げ伸ばししたり、上半身をねじるようなストレッチを行うと、少しスッキリする感覚があるかもしれません。(※医師に運動を禁止されている場合、強い痛みを感じた場合は行わないで下さい。)

運動の秋、食欲の秋ですので、元気に過ごせるよう体調管理に気をつけましょう!

 

 

 

投稿者: 高見澤整形外科クリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

お悩みでしたら、高見澤整形外科クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_04.png
  • 24時間受け付けております 診療予約はこちら